ルテインの副作用

ルテイン【ブルーベリーサプリメント】ランキング

ルテインは基本的に安全な成分ですが、原料によって副作用の有無が異なります。

ルテインTOP > 副作用

ルテインの副作用について

ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜やマリーゴールドなどに多く含まれている成分です。

体内においては目の網膜(黄斑部・水晶体・角膜)や肌、乳房、子宮に存在している生体成分であるため、特に副作用の問題はないとされています。

むしろ、ルテインは目を有害物質から守る必要不可欠な成分であるため、食品やサプリメントなどで積極的に補給する必要があります。

ただし、ルテインを抽出する原料によっては、副作用を起こす可能性も指摘されています。

ルテインの副作用の実情

ルテインには、天然由来と合成されたものの2種類が存在します。

このうち、マリーゴールドなどから抽出された天然由来のものは安全性に問題ないことが確認されていますが、特に石油系で合成されたものに関しては副作用のリスクが報告されています。

アメリカのシアトル研究チームによると、石油系合成成分と喫煙を組み合わせることにより、肺がんを促す可能性があるという結果が出ています。

また、合成ルテインには、発がんや嘔吐、胸やけなどの危険性が報告されています。

ルテインの過剰摂取

ルテインの1日の摂取目安量は、6mg~10mgと定められています。

しかし、食品から摂取した場合とサプリメントなどから摂取した場合とでは、体内に反映される効果は異なります。

特にサプリメントで摂取する場合、医薬品のような即効性はありませんが、直接成分を補えるぶん、過剰摂取になりやすい傾向にあります。

天然由来のものであれば、ルテインそのものに副作用はありませんが、何事も過剰摂取は体に負担をかけますので、用法・用量を守って利用するようにしましょう。

えがおのブルーベリー

厳選されたビルベリーの力を実感! 初回購入特典あり。
www.241241.jp

小林製薬のブルーベリー

メグスリの木にブルーベリーをプラス 製薬会社の品質を送料無料でお届け!
www2.kobayashi.co.jp

ブルーベリー&ルテイン【リフレ】

1粒に25種類の栄養成分を配合!ルテインもたっぷり6mg配合!
hc-refre.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ルテイン【ブルーベリーサプリメント】ランキング All Rights Reserved.